MV
調査

ガルエージェンシー名古屋本山

人探し・行方調査

三角

全国124拠点をイントラネットで結び、当社独自のデータベースを駆使して、

どんな小さな手がかりも漏らさず確認し、あなたの大切な方をいち早くお探しします。

名古屋の人探し・行方調査・失踪人探し・所在調査なら総合探偵社ガルエージェンシー名古屋本山へ

行方調査って何種類あるの?

    人を探す場合お大きく分けて二つの種類があります。

1.所在調査(相談内容例:対象者が居場所を隠していないが 居場所が分からなくなったケース)

  • ・昔の恩師、恩人と連絡を取りたいが以前の住所しか分からない。

  • ・自分は今結婚しているが、昔の彼・彼女は今どうしているのか?

  • ・旅先で出会ったあの人と会いたい。

  • ・最近知り合った人はどんな人なんだろう。

  • ・疎遠になっている親類・縁者。

  • ・悔やまれる別れ方をした、恋人・友人・知人。

  • ・前の職場、アルバイト先の先輩・同僚・後輩に連絡を取りたい。

  • ・生き別れになってしまった、親・兄弟に会いたい。

  • ・電話番号は知っているが住所は分からない。

  • ・離婚して会えなくなってしまった子供に会いたい。

  • ・小、中学校時代に仲の良かった友人に連絡を取りたい。

  • ・その他

・ご依頼いただく場合の情報例

氏名、生年月日、ご実家の住所、過去お住いになっていた住所、出身学校、在職のお勤め先又は以前のお勤め先、昔の友人等々。

どの位の情報(情報量)ではなく、どのような情報(情報の質)かが大切です。

2.失踪人探し・家出人調査(相談内容例:居場所を隠し、人知れず逃げているケース)

  • ・相談相手になってくれた友人・知人と連絡がとれなくなった。

  • ・夫、妻が勤めに出たまま姿を消した、会社にも行っていない。

  • ・妻が子供を連れて出て行ってしまった。

  • ・交際相手が突然に音信普通になってしまった。

  • ・金銭を貸していた相手がいなくなった。

  • ・夫、妻の交際相手の居所を知りたい。

  • ・遺産相続のため、居所の判らない血縁者を探したい。

  • ・結婚を前提にお付き合いしていた人がいなくなった。

  • ・息子・娘がいえでをした。

  • ・卒業を間際に控えた子供と連絡が途絶え下宿先も不在

  • ・詐欺を企てた人物の行方を知りたい。

・ご依頼いただく場合の情報例

失踪者のお写真、氏名、生年月日、借入金の有無、付き合いのある友人・知人の連絡先、お付き合いされている異性、良く行く飲食店、その他店舗、ご本人の預金通帳(出金履歴)、ご本人のクレジットカード、運転免許証の有無、移動手段(車又はオートバイ)、失踪時に持出した物等。
勿論、全てが分らなくとも結構です。わずかな情報からでも探せる可能性は十分あります。
まずは当社にご相談下さい、あなたの相手を思う気持ちが最も大切なのです。

家出人調査について

家出、失踪のきっかけになる原因は何?

短絡的!

小・中・高校生の場合、親に叱られたという理由が多く、親に心配させてやろうという気持ちから、最近良く耳にする「プチ家出」という軽い気持ちで、本人も深刻になっていない。
高校・大学生の場合、勉強や受検の苦しみから逃れる為や、異性関係とうまくいかない為、一時の享楽「もっと遊びたい」「自由になりたい」という理由がある。
中高年の場合、「なにごとにも嫌気がさして」「だれも知らない所に行きたい」「責任を負いたくない」など一時の無責任な感情で、大体は家出した後に後悔している。

突発的!

事業・職業の場合、経理や営業に多く、監査などが入る情報により、事実が明らかになった時を考え逃亡する。異性関係の場合、会社内外の不貞行為が発覚し、相手の配偶者から問い詰められ、責任も負えない為、家に帰らなくなり、会社にも行けなくなる。
疾病の場合、検診で思わしくない結果であった場合などに、自己判断で重病と思い込み、悲観的になり、自殺の可能性もありうる。残された家族のことを考えず突然に家出をする。

計画的!

異性関係の場合、愛人の所に理由を付けて泊まるようになり、やがて家に帰らなくなり、本人、浮気相手は二人で計画して家出(駆け落ち)をする。
新しい土地で新たな生活をしようというつもりであり、離婚の意思は固い。

プチ家出(短期間の家出)の場合は?

最近「プチ家出」という言葉で、家出を安易に考えるケースも目立っています。

親御さんも「そのうち帰ってくるだろう」と高をくくっていると思います。しかし暴走族・暴力団などの犯罪組織や、麻薬・大麻・脱法ドラッグなど危ない道に引っ張られ犯罪・事件に巻込まれる危険も高く家族に大きな痛手を負わせかねません。

その上、携帯電話の急激な普及により、少年・少女が出会い系サイトにより精神的・身体的な障害を受ける事例も増えている為、手遅れになる前に調査・発見をお勧め致します。

最近、「プチ家出」という言葉で、家出を安易に考えるケースも目立っています。
親御さんも「そのうち帰ってくるだろう」と高をくくっていると思います。しかし暴走族・暴力団などの組織犯罪や、麻薬・大麻・脱法ドラッグなど危ない道に引っ張られ犯罪・事件に巻込まれる危険も高く家族に大きな痛手を負わせかねません。
その上、携帯電話の急激な普及により、少年・少女が出会い系サイトにより精神的・身体的な障害を受ける事例も増えている為、手遅れになる前に調査・発見をお勧め致します。

調査依頼の時、どんな情報が必要?

  • ・誰に対して残されたメッセージがあったか。

  • ・普通の生活でヒントになる場所、気になる場所を言っていなかったか。

  • ・お子さんが使用した電話やパソコンの履歴を確認する。

  • ・使える(持出せる)お金はどのくらいあるか。

  • ・移動手段はなにがあるか。

  • ・同行者がいそうかどうか。

  • ・服装や荷物はどのようなものか。

  • ・家出した時の時間をできれば明確にする。

  • ・家出後の目撃者がいないか確認する。

  • ・部屋に手がかりになる物(メモ・日記・レシートなど)はないか。

      ※プチ家出の場合、罪の意識が低い為、自らの意思で行方をくらます大人より、手がかりを残す可能性が高いのです。

      調査をご依頼頂く前に捜索願の提出をお勧め致します。
 

こんな調査事例もあります!

高校を中退した群馬県のYさんは、かつてひとりだけ退学処分に反対し、校長と掛け合ってくれた担任のS先生(男性)に会いたいと思っていた。そう思い立ったYさんは、ガルエージェンシーに調査を依頼されました。

解決方法

調査の結果、現在はすでに学校も変わり、赴任先で聞き込みをすると、S先生は既に教職も辞めておられました。
現在は兵庫県のほうにいるらしいという証言があり、それをもとに関西地域の調査員を派遣し広範囲にわたり聞き込みをした結果、神戸の仮設住宅に住んでいることが判明しました。
地元の調査員が調査にあたることによって、迅速にS先生を発見できることになり、Yさんにも喜んでいただきました。

A氏からの依頼、「妻T子が家を出たまま帰らないので捜してほしい」とのこと。30歳前半のT子にはそれまで不審な様子はなかった。ことが大げさになっては困るので警察には届けていないという。

解決方法

友人の情報からKという男と逃げていることが判明。見つけ出してT子を説得し一旦は家に帰るが、その後協議離婚。

ある日「子供が三人とも居なくなった、T子が連れていったらしい」という連絡が入る。そんなある日警察から「子供が虐待を受けて入院している。母親T子は一緒にいた男と共に幼児虐待で逮捕した」との連絡。外傷と心の傷を徐々に癒す治療が残っている子供たちは現在A氏の元に戻っている。

細菌我が子に対する虐待や殺人事件が増加しています。また夫からの暴行を受けるDV(ドメスティックバイオレンス)も問題になっているのが傾向といえましょう。肉親の調査は一刻を争います。早期解決であれば傷も浅く済みます。

行方調査を始め裁判証拠などに対応できる資料にも全力を尽くします。

「知人にお金を貸しているのですが連絡が取れなくなってしまったんです。」

解決方法

ここ数年の長引く不況から、多額の借金を残したまま失踪してしまった、連帯保証人に責任を押し付けて失踪してしまう等のケースが増加しております。
また、こういったケースは相手が逃げている可能性が極めて高いのです。そういう時は是非、専門家である我々にご相談下さい。全国124拠点をイントラネットで結び、失踪者のあらゆる情報を収集し、独自のデータベースを駆使し、手掛かりを漏らさず確認し、調査に対応いたします。