MV

ガルエージェンシー名古屋本山

盗聴器・盗撮器の発見

三角

自分しか知らないはずのことが、なぜか知られてしまっている。

そんなときは、個人盗聴・盗撮の可能性を考えてみて下さい。

今の時代、インターネットで色々なタイプの盗聴・盗撮器を誰でも簡単に買える時代です。 

あなたのプライバシーは大丈夫?

盗聴器

盗聴・盗撮なんて自分たちには関係ないと思われている方が、大勢いらっしゃると思いますが、それは大きな間違いです。盗聴器・盗撮器の販売個数は、年間20万個以上と言われています。

それに伴い盗聴・盗撮犯罪は年々増加の一途を辿っています。 盗聴は、産業スパイや映画・小説だけの話しだと考えがちですが、実際には盗聴器・盗撮器ともに、一般のご家庭に取り付けられているのが半数を占めています。

個人のプライバシーを侵害している為、盗聴・盗撮行為は悪質な犯罪です。簡単に機械を手に入れることが可能になった今、私たちの周りは常にそういった危険にさらされています。

盗聴器・盗撮器とは?

基本的に「盗聴器」「盗撮器」という機器は存在しません。録音機材やワイヤレスのマイク・カメラなどの情報収集機器が盗聴・盗撮行為によって「盗聴器」「盗撮器」と呼ばれているのです。

テープレコーダー、デジタル録音機、ビデオカメラなど、いわゆる録音機と言われる物を、タイマー、音声、センサーなどで自動録音にして、話された内容などを後で盗み聞きすることが出来る物。携帯電話を自動応答にし、着信音を消し、その他の設定をすることで、他の場所から様子を聞くことができる方法。その他に、コンクリートマイクや望遠集音マイクなどを使用する場合もあります。

一般の方々は、盗聴器というと小さいマッチ箱のような物を、想像するかもしれませんが、盗聴器と思われない物も盗聴器として使用されます。

このような事はございませんか?

  • 誰かに見られているような気がする。

  • 自宅周辺をウロウロしている人がいる。

  • 自分しか知りえない事を、第三者が知っている。

  • 電話中やテレビを見ている時に、雑音が入る。

  • 最近いたずら電話が頻繁にかかってくる様になった。

  • 社内の機密が外部に漏れている気がする。

本来一番安らげるな所である空間が、常に監視されている空間になってしまいます。このような行為は絶対に許されるものではありません。

気になることがありましたらガルエージェンシー名古屋までお気軽にご相談ください。

こんな調査事例もあります!

ある女性から電話があり、「中傷文が送られてきた」という。その中傷文の内容は本人しか知らない内容ばかり。 盗聴の可能性が有り女性のマンションを調べてみることになった。

解決方法

しかし、いくら捜しても盗聴器は見つからない。外はいつのまにか暗くなってきた。女性が部屋の電気をつけた瞬間、電界強度計の針が振れる。何かの電波をキャッチしたのだ。室内盗聴の危険が高まっている為、慎重に音を殺しながら室内の調査を行う。数分の後、寝室から盗聴器が発見される。

盗聴器は男友達からプレゼントされたぬいぐるみの中に入っており、それも最新式の携帯電話型盗聴器で、いつでも好きな時に盗聴できる代物だった。室内の明かりが灯った為、犯人は対象が帰宅したとでも思ったのだろう。それでスイッチを入れたのだ。 その後ご依頼者様との協議の上、警察に被害届けを提出し、無事解決の運びとなった。