MV

ガルエージェンシー名古屋本山

ストーカー対策

三角

凶悪犯罪にも発展しかねない悪質なストーカーから貴方の身を守るため、様々な調査・対策を行います。

自ら解決しようとせず、当社の膨大なデータや実際の解決方法から共に解決していきましょう。

ストーカー対策はお早めに!

ストーカー

一方的に関心を抱いた相手につきまとわれる。いつも出勤する時や、日常を過ごしている時などに、誰かに見られている気がする。いつも同じ人が通勤途中にいる。あの人と良く合う気がする。最近では携帯電話を一人一台持っている時代ですので、ダイレクトに電話やメールで連絡がとりやすいです。返信もしていないのに、立て続けにメールが送られてくる。「会おう」や「今どこにいるの?」と、過剰な内容のメールがしつこく送られてくる。

現代では、女性に限らず、男性からの被害報告も受けています。信頼できる方に相談するにも相談できない状態にあるのも事実です。

ストーカー行為は気を付けましょう!

  • 別れた恋人に付きまとわれている。

  • ゴミを勝手に調べられている形跡がある。

  • いたずら、無言電話が多い。

  • 車に傷をつけられていることが多い。

  • SNSでしつこく絡まれる。

  • 郵便物がなくなったり、破られている。


証拠がないうちは警察も動きづらいことが多いのですが、ストーカーの存在を感じたら、何よりもまず警察へ。

次に探偵社にご相談ください。証拠を掴んで、ストーカー行為をやめさせる対策をご提案します。

 

こんな調査事例もあります!

前のアルバイト先で知り合った男性R(37歳)のストーカー行為に悩まされている女性K美さん(25歳)。二人での食事を何度も誘われていたがうまく断っていた。
しかし、やがてしつこくなりK美さんはアルバイトを辞めることに。その後Rの嫌がらせがエスカレート。イタズラ電話、脅迫手紙、車に傷をつけ、ポストを壊す…「どこかから見張られているような気がする」というK美さん。こうして8か月経過した。

調査結果

4人体制でK美さんマンションに張り込み開始。監視・撮影・追跡をしていると、なんとRの車がすぐそばにあるではないか。
しかもRの住まいはK美さんの真下の部屋。K美さんの近くに引っ越していたのだ。こんな近くにいようとは…。K美さんに話すと実家に帰った後を追い、後日K美さんの実家のポストに脅迫文書を入れるRをビデオに収めることに成功、警察に強盗未遂で逮捕されることとなった。